イベコンとはどのような仕事で、どうすればできるのか

「イベントコンパニオン」の略式名称

イベコンとは「イベントコンパニオン」の略式名称で和製英語になります。
海外では「ホステス」と呼ばれており、海外で話題に出すと違う解釈をする場合があります。
海外でホステスと呼ばれている仕事も日本の言うイベントコンパニオンも、展示会場または博覧会などでの会場で受付や会場内の案内や誘導をする女性のことを言います。
イベコンの仕事をする場合には事務所に所属をして仕事を紹介してもらう形式で仕事を行うので、事務所が行っている面接に合格して正式にイベコンとして所属する必要があります。
事務所には個人一人で営んでいる小さな事務所から、多くの支社がある大きな事務所まで多数存在します。
イベコンの仕事を希望する場合、先にどこの事務所で仕事をしたいのかを検討してさらに現在募集をしているのかどうか、またどのような内容の仕事をしているのか、実勢はあるのかどうか、またどんなコンパニオンが所属しているのか写真や履歴や紹介文を見て一緒に仕事をしてみたいと考えられるのであれば事務所の応募方法に従って応募します。
自分がやってみたいコンパニオンとしての仕事がまったくないのに応募しても面接に合格する可能性はないので、事前の調査は大変重要です。
またイベコンは催し物の案内や誘導など人と直接向き合うため、相手に与える印象が大変重要視される仕事です。

世森響@hibikiyomori
☆5/16,22,23,30 📸個人撮影会

🌟明日16日@西新宿Stは1部のみ🈳

photo by @nishimura3059 さん#被写体 #撮影会 #portrait #撮影会モデル #モデル #イベントコンパニオン #カメラマン #女優 #ファインダー越しの私の世界 #キリトリセカイ #ポートレート #photograghy #美少女 pic.twitter.com/YBsWJQnk2X

— 株式会社デランジェ@キャスティング (@derlangertweet) May 14, 2021

「イベントコンパニオン」の略式名称所属する条件としてモデルまで背の高さを要求される常に明るくよい印象を与えるように行動する